二人目が産まれたので、ブログ名を変更します。これからもよろしくお願いします。


お、お、おにぎりが食べたいんだな。

2015.03.01 / Top↑

この季節になるとパパとママはなぜか私たちを水族館に連れて行くの。


水族館はだーすき。いろんなお魚をみたり触ったりできるわ。



イワシ群れで泳いだり、クラゲさんとお話ししたり、マンボウとにらめっこしたり


サメが来たときは、ちょっとビビったけどそれは内緒。



ドクターフィッシュも、こそばゆくて面白かった。


この子たち、あたしのこと食べちゃうのかと思ったもの。
























2015.03.01 / Top↑

ああ、謎が解けたわ。あたしの4歳の頭脳にピーンと来たのよ。



ママとパパは、お魚を見に来たんじゃない。


この、不細工なお魚、アンコウを食べに来たのよ!




さっきまで、水族館にいたわこの子。そんなの可哀想で・・・・・、






え?なに?あたしがお料理するの?生肝を溶かして?




美味しいじゃない!? おかわり!


2015.03.01 / Top↑
パパが車乗れーっていうから、いう事聞いたんです。

車が発車してしばらくしてから気づいたんですけど


なんと、ママがいない!ついでにねーねもいない!



これは大変だと泣き叫んだけど後の祭りだったのですが


それでも、泣きづづけたら、こっそりパパがスターバックスなんかによって


僕の好きなフラペチーノを渡すもんだから、これで手を打ちましたよ、はい。




2015.03.02 / Top↑
明かりをつけましょ、ぼんぼりに。


真音ももう、3歳になるわけだから立派なお雛様祭り。



ママはやっぱりこれが好きみたいで、どうやらちらしずしやら、エビフライやら手の込んだ料理で待ち構える。



男の子のパパは、これに便乗して酒が飲めるからいいとして


ここぞとばかりに妹のフリしてる維月君。

まあたまにはいいよね、役得!









2015.03.03 / Top↑
んで、そのお雛祭りなんだけど


お雛っていうか、おしとやかな3歳児ははそんな豪快に鶏肉を食らわないよ?



2015.03.03 / Top↑
わらわは、姫でありんす。

侍従のもの、ちこう寄れ。おんぶじゃ。






ねえパパ、僕思うんだけどさあ、お姉ちゃんばっかお姉ちゃんで不公平じゃない?

2015.03.05 / Top↑


パパ!みてー!あしのうらー!みるー?

2015.03.06 / Top↑

ねえ、君はだあれ?



僕は維月って言うんだ。いっ君って呼んで。



君はさっきから暖かい風を出してるねえ。



君は何にも答えてくれないけど、

なんだか、君にくっついてるとなんだか眠たくなっちゃうよ。




2015.03.08 / Top↑






今日のお仕事は、・・・・・またオラフ役ですか?

最近、多いですね。まあいいですけど。


で?山から駆け下り、パパに抱き着くシーン。


あいかわず、監督のこだわり強いなー。


ま、仕事ですし、きちんとこなしますよ。





次は、映画のポスターですか。いいですよー。さくっと撮っちゃってください!








どうでした?今日の演技!なかなかでしょ?

ちなみに、次回の母に会えたあとの涙はこんな感じで!


2015.03.08 / Top↑

マネージャー、いくらなんでも仕事はえらんでもらっていいかなあ?


いくら僕でもとなりのトトロの役はちょっと。






え?似合ってる?


2015.03.08 / Top↑
ふふふ、パパ!みてみて!

オバケだぞー!






いいいいっくん、後ろ後ろ見て!


え?ええ?ぎゃー本物だー!


2015.03.09 / Top↑
ちょっと男子ー!
最近二人でなにやってんのよー?


私も混ぜなさいよ!

2015.03.09 / Top↑

標的の弱点を狙うのは狩りの鉄則でさ。


ほら今日も、間抜けな獲物がおれの眼の前に。

パパの弱点は、そのメガネだ!


2015.03.10 / Top↑
瓜二つなんて言うけど、パパ目線でも維月はパパに似てると思う。

特に口元がそっくりだ。

目も昔のパパの目つきそのもの。



一応さ、こんなパーツでも、パパとは30年以上くっついててもらって

何十年何百年何千年ってその形を受け継いできた。


維月がちゃんと大切にして、また何千年と受け継いでいってもらいたい。



そんなこと考えながら、いたずらしてる維月を見て



パパはそんなにいたずらばっかりしなかったと思うけどなぁ、なんてばーちゃんに漏らしたら

あんたのほうがひどかったわよと一蹴。

そんなことまで受け継がれてるのか。








2015.03.11 / Top↑
「こら維月!テレビは座ってみろ!」って怒ったらこれだよ。


だれに似たんだか・・・。


2015.03.11 / Top↑
どう?ダディ―。あたしナウい?

ザギンかギロッポンでもいって、

パンピーたちとシースーかイタメシでも行ってこようかしらー。

シータク呼んで―!

2015.03.12 / Top↑
そんな君ももうあと少しで幼稚園生!

パパも身を包んだ園服が届いて、ほっぺを赤らめて纏う。


馬子にも衣装というか、急にかっこよく見える。

なんともなんともこれで元気に園に行くんだよ!



2015.03.12 / Top↑

ねーねが3歳でデビューしたのなら、僕は2歳でこんなにスマホを使いこなせるんだい!


将来は宇宙にだって行けるようになるんだい!

2015.03.12 / Top↑
いいなー!ねーねばっかりで!

ぼくも新しいコート貰おう!



それママのだよ、、、。
2015.03.16 / Top↑



2015.03.16 / Top↑
ぼぼぼ、僕だって、お姉ちゃんに負けてないもん!


ほら!みて!プリン!プリン食べられたよ!プリン!

2015.03.17 / Top↑


この度は、弟ならびにわたくしめが、




大変ご迷惑をおかけしました。



ちまちたー!

2015.03.18 / Top↑

さあ、こい!弟よ!

我を倒してこそ、真の勇者と言えよう! かかってこい!



姉上を倒すなんて。そんなん事できません!!


いいからかかってこい!この臆病者が!!














ふふ、強くなったな、それでこそ、わが弟よ。  グフっ!


あ、姉上ーーー!!!!


2015.03.18 / Top↑

陽気も穏やかに、春が準備を始めてます。


という事で、本日は古河の桃祭り。

多くを語らないほうがその様子が伝わるでしょ。























、、、
2015.03.21 / Top↑

急に異国の料理が食べたくなって、さあ行くじゃないか。ブラジルに!


剣にさしてあぶった肉を、豪快に取り分けてくれるシェラスコに、遠くまで食べに来たかいがあるもんだ。


陽気に歌って、肉を切り分けてくれるお兄さんたちに、維月もたいして食べれないくせに嬉しいんだねえ。





お腹パンパン。さて帰りもひとっ走り頑張るぜい!
2015.03.22 / Top↑
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2015.03.25 / Top↑
ねーねもここのラーメン屋で、ラーメンデビューしたんだ。


お、、、、お子様ラーメン!ハーフで!


ずぞ、(う、うまく吸えない)








(こうなったら、一気に持ち上げるだ!)




ふーー!何とかやつを攻略出来たぜ。次は、餃子をつけてくれてもいいぜ。まーま!


2015.03.26 / Top↑

上野公園に桜が咲いた。


という事で、それは見に行かないといけない。


ただし今日のミッションは、ママがお友達とランチを楽しんでいる間、君たちの面倒を一人で見なければいけない。


さてこの人ごみの中、どうなるやら。




とりあえず、桜を見に来たけど、あふれかえる人に四苦八苦しながらなんとかかんとかやってきた。






桜の下に来るたびに、おねえちゃんが面白ポーズとってくれるからとりあえず撮っといたけど


何処でそんなポーズ学んだのやら。













いっ君もお付き合い大変ですなあ。
2015.03.29 / Top↑

さて、この上野公園。実は君らが好きな動物園がある。


多種多様な動物達と会えるという事とで、桜の花をもう少し愛でたいパパを引っ張って


維月のベビーカーの速度を上げていく。


足早に門をくぐり、うきうきるんるんと象をみたりクマをみたりと二人して大はしゃぎ。


特に維月は、鳥に興味があったらしく、ワシやらタカに釘づけ。


真音のほうはたいして興味はなかったらしく、後ろで別の動物を見ている。


その時ちょうど、ワシが餌を食べるシーンだったので

パパと維月は、夢中になってワシを眺めていた。


羽を伸ばすとほんとに迫力があるねえ。かっこいいねえ維月。ね、真音。

ん?真音ー?いない。


あれ?先に行ったかな?真音ー!

もう、少し目をすぐこれだ。飽きて先に行ってしまったのだろう。真音ー。


象さんのところかな?真音ー。いない。



ひ、ひいいいいいい、維月!ねーねがいない!いや待て。ほんの数分。ほんの少しだ。

なんか動物を見ていたはず。いない!真音ー!



園内をベビーカーが爆走する。維月も「ねーね!ねーね!」と声を上げてくれる。いない。

象のところも、カワソウのところも、もう一度戻ってきてワシのところにもいない。

まさか、迷子。本格的な迷子!落ち着け。ワシとタカは見た。象のところもいない。

そんなに遠くに行ってないはず。汗だくになり、ベビーカーがあっちに行ったりこっちにいったり


誘拐?事故?どこかの檻の中に?ライオン?トラ?象のところにはいなかったはず。

もうまさか、そんな、もう二度と真音に会えなくなるなんピンポンパンポーン


「迷子のお知らせです。紺のオーバーオールにピンクのズボンをはいた3歳の真音ちゃんと名乗る女の子が・・・・」


それうちの子!!!!


もう、息も切れ切れ総合案内に向かう。

お姉さんになだめられてるちょっとふっくらした我が子が目に飛び込む。


本人も気づいたらしく、パパの足に飛びついてきて


「・・・・・・・・!!!!!!パパが悪い!!!どこに行ってたの!探したわよ!」

と大号泣。


そりゃこっちのセリフだと飲み込み、お姉さんにお礼を言って、とりあえずなんか食べるかと席に座る。



人生初迷子。もう当分パパのそばから離れるなよー。







2015.03.29 / Top↑


パパ―みてみて―。新しい服買ってもらったのー。どお?素敵?






あたしもー!








あたしはちょっといろいろ違うと思うんだけど。





2015.03.30 / Top↑