二人目が産まれたので、ブログ名を変更します。これからもよろしくお願いします。

なにその飲み方。

ちょっと横着しすぎじゃん?




2014.04.04 / Top↑
なんだろこれ。ぱく





なんだろうーこれ。ぱく



2014.04.05 / Top↑
君の誕生日のお祝いだって、家族みんなが集まってくれて
そろいもそろってたくさんのお祝いをくれたよ。


中華料理を食べながら、素敵な素敵な誕生パーティー。

こんなにおもちゃあったら、使い切れないね。

ちゃんと維月にも貸してあげるんだよ!


2014.04.06 / Top↑
ベッドと壁の隙間に挟まれてるね。

なんでそんなうれしそうなの??

2014.04.06 / Top↑
兼ねてから、誕生日にはアイスのオモチャということだったので

君の大好きなマザーガーデンにアイス屋さんセットを買いに行った。


君は予想以上に大はしゃぎ。

ほんとに買ってもらえると思ってなかったらしく


買うよと言ったときは、固まってた。


この時ばかりは「パパ大好き」とくっついて離れない。



仕方ないやつだなあ。



けど、次何買ってもらうか物色するのは、どうかと思うよ?(笑)
2014.04.07 / Top↑





とにかく夢のアイス屋さんになれたという事で

もううれしくてうれしくて、仕方ないんだって。

小っちゃいお客さんも、どうにか食べてやろうと一生懸命食いついてる。


おいしいアイスをいっぱいつくてくださいね。
2014.04.08 / Top↑
最後はママからプレゼントってことで

こんな素敵なケーキを用意してくれたんだ。



こんなケーキ、独り占めできるって目をくりくりさせてたね。


でも俺が気が付いたのは、去年と違って一人でろうそくの火を消せたこと。


1年間でこんなにおっきく成長して

いろんな幸せに囲まれたね。

素敵な素敵な誕生日に、ハッピーバースデー!







2014.04.08 / Top↑
パスポートは、もったね。大好きなダッフィーは?


あれ?大事な弟も忘れちゃだめだよ。


そういえば維月は初めての夢と魔法の国。


見るもの見るもの楽しくて、目が真ん丸になってたね。


真音はそりゃもう、はしゃぐにはしゃいで、

あっちにこっちに先陣を切って歩く。



けどあまりにもはしゃぎすぎて、最後のカメさんとの会話は、電池が切れて寝てる君を抱えながら

俺一人でしゃべるカメを見てたよ。


それでも何でも、君たちが楽しめて本当に良かった。



また来たい?もちろん、ちゃんとママの言う事聞いて真音も維月も仲良くしてたら


ちゃんと連れてきてあげるからね!

IMG_0481_R_R.jpg






IMG_0492_R_R.jpg



IMG_0502_R_R.jpg











IMG_0503_R_R.jpg
2014.04.12 / Top↑
佐野にあるとてもおいしいカレー屋さん、印度家。

ナンがお皿からはみ出るはみ出る。

カレーもとても食べやすくおいしい。

今日は、維月も一緒に来た。

もちろん、ナンしか食べれないけど、はじめて味わう異国の味に興味津々!







はい!それはなんですか?



これナンていうインドの食べ物よ


食す!!



2014.04.13 / Top↑
いつのときでもお姉ちゃん



こんな時でもお姉ちゃん




アイスを食べてる時もちゃんとお姉ちゃんなんだよね。
2014.04.23 / Top↑
今宵は、真音と夜のお散歩。


少し新しくなったハーベストをつらつらと一緒に歩く。


けど、アイスを食べながらは危ないぞ。



2014.04.25 / Top↑
今日はやることなすこと盛りだくさんということで

残念ながらお姉ちゃんのほうは、おじじとおばばに預かってもらって

維月とママと三人で神奈川に向かう。

道中さっそく、おなかの虫が鳴り出したママの言われるがまま、

腹が減っては戦はできぬとつけ麺屋さんに。


君らはほんとラーメンが大好き。


ちゅるちゅるちゅるとあっという間に平らげる。


それにしても維月君、さっそくお腹いっぱいだって

半目開けて寝るのはちょっと怖いなあ。


2014.04.26 / Top↑
そんなこんなで大急ぎで、はるばる川崎までやってきた。


友人の深澤君に髪をセットしてもらってるママ。


それもを見てたら、僕もだって。


けれど、まだまだ切るほど髪ないよ笑

また伸びたら今度はきれいに切ってもらおうね。


2014.04.26 / Top↑
実は今日は、ママの友人の結婚式。


けれども、あとは男同士で好きにして―と、

つまりは送り迎えをしたわけで

どうやら維月と二人きりで、横浜の街で待ちぼうけ。


でも維月君。どうやら、あっちのほうが賑やかみたいだ。

赤レンガ倉庫で、世界各国のビール祭りだって。






まあ、帰りの運転もある俺は飲めないし


君は少しばかり、ミルクのほうがお似合いだ。


仕方ないから、二人で、パンをひとかじり。

ママは今頃おいしいもん食べてるんだろうなあと、ぼやかない。


ほら、赤レンガが素敵にライトアップされてるじゃないか。




たまにはパパと二人も悪くないだろ?

そんなこんなでママが帰ってきて、ほら、いっくん、ありがとうだってさ。



また一回り大きくなったね!




2014.04.26 / Top↑
二人は大のお菓子好き







けどほどほどにね
2014.04.27 / Top↑