二人目が産まれたので、ブログ名を変更します。これからもよろしくお願いします。

じいちゃんがおもむろにスイカを君の口に当てた。

どうにも興味シンシンだ!

これが夏の味。じっくりと味わうといい。
2011.09.03 / Top↑
最近、ドドスコの新羽田国際空港って知らないはずなのに勝手にやるから困る。



ママは、オムツの取替えが楽だわーって喜んでるけど。。。
2011.09.05 / Top↑
スイカさんを見習って
オリジナルハンバーグを作ってくれとママに願い請うた。

すると、まんざらでもない感じで
腕をふるっている。

んで、出来たのが、これだ。



相変わらず、芸のないやつめと思っていた視線の先に

ニンマリ顔のママ。


ん?おお!まさか中からタマゴが出てくるとは!

「卵太朗」と名付けようかと悩んだが

美味しく頂くことにした。


うん。これなら、君もきっと喜ぶ!

最近どうも俺の食べてるものをじーっと見てるみたいだから

そのうち、こっそり口に運んでやるよ。
2011.09.07 / Top↑
ママが変だ。
お団子を頭に乗せて喜んでる。

お昼にお月見用のお団子を買ってきた事がそんなに嬉しかったのか
主旨とは若干違う、月の鑑賞会を始めた。

まん丸に煌々と輝く月。

君は相変わらず外が大好きで、もしかすると初めて満月を一緒に見るのかもしれない。

さんざ月を見てるのにもかかわらず、お団子を頭に乗せたママが

「はやくお月見をしよう!」と一人盛り上がる。


ママにとっては、桜も月も同じに見えてるのであろうが

まあ、満月は人を狂わすとも聞くので、きっとそういう何かなんだろう。


それにしても、月だけはどんなに世界が変わろうとも、こうも人を楽しませてくれるものか。


「お団子なのにあんこがない(;;)」と

遠くの方で宇宙人語が聞こえるが

月からのメッセージだと受け取って、さっさとおいて帰ってしまおう。
2011.09.13 / Top↑
なんだが君の八重歯の辺りに
うっすらと白い点が見える。

ママは歯だというし、ばーちゃんはそんなところに歯は生えないわよと言う。

俺はなんだか、早く歯が生えて欲しい気もするし、
今の引っかき攻撃に噛付きが加わると思うと恐ろしいとも思う。

そうだ、抱っこしてるときに頚動脈を的確に狙うのはやめてくれないかな。
2011.09.16 / Top↑

いつか君もここに連れてこれる日が来るのだろうか・・・。

今日本一高いところに俺は居る。


そう、富士山の頂だ。


朝の5時40分に朝陽の祝福を受け、吉田口五合目から第一歩を踏み出す。

6合目までは、ほぼハイキング気分。
眼下に広がるのは、雲海に樹海。目指す山頂は、はるか先だが青く澄み切った空が
気持ちを軽くさせる。



どうやら、ここまでは君を背に背負ってもどうにかこれそうだ。来年位には一度この景色を見せたい。


6合目



そこから7合目。きっとママはここまでが限界だろうと考えながら
薄くなる空気に、足も重くなる。
それでも、雲が晴れて山中湖を一望で出来るようになり
岩肌にしがみつきながら、無言で一歩ずつ前に、前にと進んでいく。

IMG_2593_R.jpg


9合目に着く頃は、もう体が悲鳴を上げる。遠のく意識は、深呼吸だけで繋ぎ止めれるくらいだ。

もはや、とんでもないことに挑戦してしまったとしか考えられない。

振り返られない。景色もういい。足元しか見えない。引き返そう、今すぐ、引き返そう。


呪文のように唱えながら、それでも歯を食いしばって、一歩だけ、あそこまで、そうやって前に進む。















そして10合目
IMG_2626_R.jpg





いつか、「パパすごい」って言われたい。
その一心で挑戦した富士登山。


ここで食うカップラーメンの味をいつか君に教えたい。
自分の足で、ここまで歩いてきて欲しい。


10年後、君が10歳になったら、二人で挑戦しようか。

そんな思いをかみ締めながら、御鉢を1時間30分かけて回る。

そして3776m

今日本一高いところに俺は居る。



IMG_2658_R.jpg

いつか君もここに連れてこれる日が来るのだろうか・・・。









ちなみに、朝五合目で見た朝陽。

IMG_2519_R.jpg



2011.09.20 / Top↑
わが栃木県で有名なのは、イチゴにかんぴょうに、そして餃子だ。
まあ、地元すぎて、あんまり餃子に注視した事は、まあなかった。

先日、ママの友人が栃木くんだりまで遊びに来てくれたので
これはと思い、餃子めぐりに挑んだわけだ。


さてさて、具体的には、宇都宮。有名店は「みんみん」であるが
おやつの時間にいって、長蛇の列に驚いた。

君もすっかり餃子とやらに興味津々だったが、これが本当に旨い。

所詮は餃子と侮っていたのだが、本店で食うみんみんの餃子は、今までの餃子の概念を軽く覆す。

写真では伝わらない旨さであると思うので、君がもう少し大きくなったら、今度はこっそり二人で食べにこようか。

ママには、両手いっぱいにお土産を持って帰ろう。

2011.09.27 / Top↑
今日は君の初の離乳食。
よーく煮詰めたお粥を、おそるおそる口に運んでみる。

口がぱかっと開いたところに、スプーン投入。

いつもと違う食感に、戸惑いながらも

もぐもぐ・・・。

もぐもぐ・・・。

べー。


もう一回挑戦で、もぐもぐ。もぐもぐ。。。。。ごっぅくん。


あれ?美味しかったのかな?

また、口が開いた。


今度は、俺のご飯までじーっと見つめる。

これは俺のだ。君には3年はやい。


2011.09.28 / Top↑